知識

夜間用サングラスの効果は?運転に影響はある?

夜間用サングラスの効果は?運転に影響はある?

 

「夜間はライトが眩しくて運転しづらい」と悩まれている人はいませんか。夜間運転時の見えづらさで困っている人には、「夜間用サングラス」がおすすめです。夜間用サングラスが見えづらさを解消させ、快適な運転に役立ちます。

 

購入を検討されている人は、最初に夜間用サングラスの効果について確認をしておきましょう。運転への影響とあわせて解説をします。

 

夜間用運転サングラスの条件

 

夜間用運転サングラスの条件

 

そもそも「夜間にサングラスをかけて運転していいの?」と思われる人もいることでしょう。夜間にサングラスをかけて運転するのは違法ではありません。ただでさえ暗いのに暗くなるサングラスはいいのと思われるかもしれませんが、正しいルールのサングラスを使用すれば問題なく使用ができます。

 

夜間用サングラスの正しいルールは日本産業規格(JIS)で規定されており、うたわれているのは可視光線透過率です。可視光線透過率とはレンズを通過する光の割合のことで、数値が高いと光を通しやすくします。運転に使用するサングラスの可視光線透過率は次のとおりです。

 

可視光線透過率

  • 昼:8%以上
  • 夜:75%以上

 

上記のルールを守っていれば、夜間の運転中でもサングラスをかけて問題はありません。ただし先ほど夜間用サングラスは違法でないと説明をしましたが、上記の条件を守らず事故や危険な運転をした際は、安全義務違反に問われることもあります。

 

でも条件をクリアしている夜間用サングラスを探すのは大変そうと思われた人には、DEECの「Night Drive Edition」がおすすめです。Night Drive Editionは、その名のとおり夜間に運転するサングラスとして開発されました。当然のことながら条件をしっかりクリアしています。

 

夜間用サングラスの効果

 

夜間用サングラスの効果

 

夜間用サングラスにはどのような効果が期待できるのでしょうか。

 

最近の車のヘッドライド、テールランプなどはLEDが使われていますが、LEDは光が一定の方向に集中して出ているため、従来のハロゲン式のものよりもまぶしく感じます。夜間用サングラスはみなさんの運転をサポートするでしょう。

 

急に襲う眩しい光を抑える

 

「夜間の運転は苦手」と話す人が増えています。理由は見えにくいから、夜間は昼間よりも事故が発生しやすい時間帯だからです。暗い中、急にハイビームで光を見たら、思わず顔をそむけることでしょう。裸眼で耐えるのは難しいです。ではライトは、なぜ昼間よりも夜間の方が眩しく見えるのでしょうか。

 

さらに詳しく

  • 周囲が暗いとき、光を通す瞳(瞳孔)は光を取り入れようと大きくなる
  • 瞳が大きいときにライトが入るとより一層眩しくなる

 

夜間の暗さで瞳が大きくなり、その状態でヘッドライトの光が目の中に入れば、誰でも目を塞ぎたくなります。また、瞳の大きさによって視力が変わる人もいるようです。昼間なら見えたものも、夜間運転では見えにくくなってしまいます。

 

そこで急な眩しい光で見えにくくなる夜間に効果を発揮するのが、夜間用サングラスです。夜間用サングラスが眩しさを抑えてくれるので、急なハイビームによる目の負担が軽減されます。

 

さらにDEECのNight Drive Editionを使用すれば、運転に必要な明るさも確保するのでより安全です。夜間の視力低下を補正する機能も採用されています。今までの運転用サングラスにはなかった防眩効果を実現するのもポイントです。

 

鮮明に見える

 

夜間は明暗の差がわかりにくくなりやすいです。コントラストの低下が目に負担をかけます。夜間用サングラスを使用すれば、低下しやすいコントラストを向上させる効果があるので安心です。運転中の見づらさを軽減してくれます。

 

夜間の運転で恐ろしいのが発見の遅れです。暗闇に紛れることで、自転車や歩行者の発見が遅れます。急に存在を確認したことで、ヒヤッとしたことのある人も多いのではないでしょうか。歩行者が黒い服を着ていたら発見はさらに遅れるかもしれません。

 

夜間用サングラスを使用すると、コントラストが向上するので、裸眼よりは見やすくなります。

 

目の疲れを軽減

 

夜間の運転は目が疲れます。しかし夜間用サングラスを使用すれば、今まで説明をした効果から目が裸眼よりも疲れません。疲れないので、長時間の運転でも快適です。目の疲れはストレスにつながります。夜間運転はストレスが発生しやすいです。夜間用サングラスをかけることでストレスを低減する効果が期待できます。

 

夜は特に目が疲れる時間帯です。朝から目を使っています。目は物を見る際のピント調整に筋肉を緊張させていて、その状態が長く続くことで眼精疲労が起こるのです。さらに夜はピントを合わせようと筋肉を使います。目の疲れがストレスになり、事故につながるかもしれません。

 

夜間用サングラスの中でもDEECのNight Drive Editionは、目の疲れを軽減させることを目的に作られましたDEECが作るガラスレンズは透明性が高いです。さらに偏光機能も備わっています。視認性(目での認識のしやすさ)を高めているので疲れにくい夜間用サングラスです。

 

運転に影響はあるの?

 

夜間用サングラスの影響が良い運転につながります。夜間でも見やすくなる効果が用意されているので、運転に支障のないサングラスです。「夜間は見えづらいから疲れる」と悩まれている人は夜間用サングラスを活用するべきです。

 

また、DEECのNight Drive Editionでは、度付きの夜間用サングラスも用意されています。コンタクトで目が乾いた人は、度付きのNight Drive Editionで、さらに快適な夜間ドライブが実現することでしょう。

 

またDEECのNight Drive Editionは、度付きもオンラインストアで購入できます。処方箋を送付することで、取扱店舗に赴かなくても購入できるのがポイントです。お手軽に度付きの夜間用サングラスが購入したい人はDEECのNight Drive Editionを検討しましょう。

 

夜間用サングラスの注意点

 

昼夜兼用サングラスの利用に注意をしましょう。一般の昼夜兼用サングラスを運転で使用するのは危険です。先ほど日本産業規格(JIS)の規定から外れてしまいます。夜間でサングラスを使用する場合は、夜間用ドライビングサングラスであることを確認しましょう。

 

夜間用サングラスで運転するならDEECがおすすめ

 

DEECが製造して販売するNight Drive Editionは、夜間の運転に特化したサングラスです。夜間の運転を快適にするために開発されました。使われている素材は次の通りです。

 

素材

  • レンズ:特殊な5層構造ガラス
  • フレーム:チタン
  • テンプル:βチタン

 

レンズは見やすさ、フレームやテンプルは軽くて強い素材にこだわっています。かけ心地が良いので、夜間用サングラスの効果をさらに高めてくれます。軽くて丈夫なサングラスが運転への良い影響を高めてくれるのがポイントです。

 

夜間用サングラスの効果まとめ

 

最近はLEDを使用したヘッドライトが増えてきました。そのため以前よりも対向車のヘッドライトが眩しく見えます。しかもロービームでも眩しいヘッドライトがあり、運転手にとっては危険です。自転車のライトも眩しく見えることがあります。

 

眩しいことで目が疲れイライラし、運転中の集中力が途切れるかもしれません。冷静な判断ができないくらい疲れたら危険です。いったん運転を中止して、数時間休む必要があります。

 

規定を守った夜間用サングラスを利用すればストレスを低減してくれます。夜間の運転をより快適にしてくれる効果が期待できます。夜間は見えにくい、もしくは長時間にわたり夜間の運転をするならば夜間用サングラスの検討がおすすめです。

お試しレンタルサービス

-知識